幹線道路沿いで乗用車とその他のバスやトラックの通過数をカウントする仕事

仕事の内容は?

乗用車とその他のバスやトラックの通過数を区別して、左右の手に持ったカウンターに記録しました。

 

そして、30分毎にカウンターに表示された数を表に記入しました。

 

働いた場所・時給は?

札幌市中央区 
時給1000円(交通費無し)

 

 

楽しかったこと、やってよかったと思ったことは?

仕事自体は折りたたみ椅子に座ってカウントするだけなので楽でした。

 

拘束時間は5時間のみで単発の仕事でお小遣いを得られたのが嬉しかったです。

 

割り当てられた場所は、交通量が多すぎも少なすぎもせず適度の緊張感を持って臨めました。

 

現地までの交通費は支給されませんが、簡単な作業なので事前に長時間の研修を受ける必要も無く効率は良いと思います。

 

一箇所に1人体制は人間関係でストレスを感じたり気を使ったりする必要がありません。

 

つらかったこと、大変だったことは?

交代要員がいないので仕事中は席を離れることができません。
そのため開始直前にトイレは済ませ、過度に水分を摂取しないように気をつけました。

 

ほとんどの通行人は仕事中の私たちに無関心ですが、たまに話しかけて来る方がいます。
一言二言ならまだ良いのですが長くなると仕事に集中できずに困ります。

 

道を聞かれるのにも閉口しました。

 

アルバイトの感想

仕事は単純で、まじめにさえやれば誰でもいつでもできます。
人間関係が発生しないのも私にとっては好都合でした。

 

屋外での仕事なので、季節やその日の天候によって大変さに大きく差が出るのは仕方がありません。
体温調節しやすい服装や帽子、雨合羽などを事前に準備しておくとより快適に仕事ができます。

 

特に女性の場合は、夏以外でも日焼け対策は万全にしておくのが無難だと思います。

 

1日、2日のアルバイトのために研修を受けたり、膨大な量の資料の暗記をする必要が無いのも良かったです。

 

>>交通量調査のバイトを探す